実行委員長あいさつ

御挨拶

庁立札幌高女・道立札幌女子高・札幌北高校

第117回同窓会総会実行委員長 工藤 岳秋
 (北高42期)

平素より札幌北高等学校同窓会の活動にご理解とご支援を賜り、感謝申し上げます。

私たち42期が北高に入学した1989年は昭和から平成に変わった年であり、同窓会活動を通じて再会を果たしたのは平成から令和になったタイミングです。調和を保って準備を進めていこうという決意で二つの元号に共通する「和」をテーマとしました。

「和」は「平和」という言葉につながります。日本人であることを強く意識する文字でもあります。また「わ」という音は、前年度のテーマ「輪」にもつながります。

新型コロナウイルス感染症の蔓延により、大人数が一堂に会する同窓会総会にとって、大変不利な状況が続いています。ソーシャル・ディスタンシングが強調され、人と自由に集うことができない社会となってしまいました。私たち幹事も昨春から準備を開始し10月には正式に実行委員会を発足させましたが、一同に会したのは一度だけであり、専らオンライン会議やSNSなどに頼って準備を進めております。

同窓会は庁立・北高の伝統と絆を確かめ合う大切な集まりです。コロナによる社会の分断に負けず、参加者が温もりを感じられるような総会にしたいと考えます。新しい生活様式に配慮しつつ、同窓の「和」を保つべく、開催に向けて慎重に準備して参ります。

第117回総会は2021年10月9日(土)に札幌パークホテルで開催予定です。例年と日程が異なっておりますが、多数の皆様の御参加をお待ち申し上げております。